日々の暮らし

好きなことすら苦しい「損得勘定(感情)」から脱したい…「昔の自分」へ意図的に戻ってみる。

損得勘定に支配されてしまうと、好きだと思っていることですら楽しめなくなって気が重くなってしまう。そんなとき、「昔の自分」がしていたことをやってみると、「ただ好き」という感覚が思い出せて、苦しさから抜け出せるのかもしれません。

眠れずに寝不足になってしまった原因を探るための覚書…(不定期更新)

途中で起きてしまって寝れなくなり、寝不足の私です。なぜ、眠れなくなってしまうのでしょう?どういう原因があるのかが自分でもよくわかっていません。当然ながら色々と複合要因があるのだと思うのですが……それを自分なりにまとめておくところがないのでこの1記事を寝れなくなったときに随時更新することにします。そうすることで、な

やりたいことやるための時間に集中したいから、SNSの時間を減らそう。

片手にiPhoneを持っていて調べ物をしていたばかりなのに「あれ、iPhoneどこだっけ」と言い出しかねないくらいにスマホ依存担っている気がします。そんな今の私です。今日は午前中にブログ「パレオな男

自分のことを「私」と言えない…それでも大丈夫。いつか言える日が来るよ。

私は、この29年近くの人生で、なんとなくずっと辛いけど、どうにもならない問題に直面していました。それは、自分のこと、つまり、一人称を「私(わたし)」と言えない問題。ものすごく悩んだ時期、対処法も見つからず途方にくれた結果の応急処置

自分の気持ちに素直に行動するために、必要なこと。

スーパーで買い物をして、これから帰ろうというときに彼が「ケーキ食べたい」と言った。ケーキが売られている、ショーケースの前にたどり着いて、どれにしようか考えだした。「…ケーキ食べる?」と聞かれた私は、それが単純に「ケーキを食べるか否か」ということなのか、「(おごるけど)食べたいか」ということなのか判断がつかなくて、はっきりしない返事をした。その時の私は「自分のお金を出して

6月最後の平日。職業を手放して、私はどこへ行こうか。

今日は地下鉄を1周半くらいするつもりでいる。 ささやかながら、やってみたかったこと。 たくさんの人が降り、そして乗ってくる。 どこへ向かうのか。どこへ帰るのか。 私はどこへ行くのか。 私は、今日は職場へ。 この職場へ行くことは、今後もうない…

ロッキンカルテット vol.2 山田将司(THE BACK HORN) & NAOTO QUARTET in ブルーノート名古屋 初日1stステージへ行ってきました(セットリストあり)。

これはブログを書かざるを得ない。結論と感想、先に言います。「とにかくめちゃくちゃよかった」「音源化を切実に希望している」です。普段レポート的なものは一切書いていませんが、今回ばかりは突き動かされるような衝動をもって書こうとしています。(Wordpressの投稿画面じゃ全然書けない!とか言っていたのがまるで嘘のようです。)本当に良いものは誰かに言いたくなるものな

新しい一歩を、踏み出す。

まだ踏み入れたことのない世界。 そこに踏み出そうとしている。 時間のこと。 お金のこと。 仕事のこと。 頭でモヤモヤするのはいくらでも出来る。 それでも、 私は踏み出してみようと思って、 覚悟を決めた。 私はどう解釈するんだろう。 どう逃げ…

季節の移り変わり。それを感じられることの幸せ。

5年前の今頃。 毎日6時間以上。多い時には10時間近く。 試験勉強に追われて生きていた。 梅雨の晴れ間、試験を受けた。 ようやく勉強から解放されたと思いながら 家路につく足取りも軽く、歩き出してすぐ。 目に飛び込んできたのは、 枯れてしまっ…

何よりもまず、体調を整えよう。

熱が出てから1週間。 職場で仕事をしている時は37℃あるんじゃないかと思うくらいに怠さに襲われている。毎日3個が当たり前になっていたゆで卵も今日は1個が限界だった。 喉の調子がずっと良くない。 職場では気を張っているせいか普通に声が出るのだ…