お店に行ってMUJIアプリも見る!無印良品パトロールを最大限に楽しむためにやっていること。

不定期ではあるものの、
ついやってしまう無印良品パトロール。

ある程度のスパンで行かないと
モソモソ、ソワソワしてしまう。

私の中で「統一感」という単語は
かなり重要な要素であって、
それを気持ち良いほど満たしているMUJIは、
その空間にいるだけでも癒される。

そして、実は、
パトロールの方法は2つあります。

1.実店舗へ行って色々と商品を見る。
2.MUJIアプリでカテゴリー別に商品を見る。

1のいいところは、

・実際に商品を手にとってみることができる。
・気に入った服があれば試着もできる。
・こんな商品あるんだ!という出会いがある。
・値下げ商品を発掘できる可能性がある。
・無印良品の世界観に没頭できる。
・気づいたら1時間は経っている(フロー状態?)。

2のいいところは、

・無印の商品をくまなく見ることができる。
・商品の詳細情報(サイズなど)がすぐわかる。
・ネット限定取扱品がチェックできる。
・どこにいても無印の世界に触れられる。
・ワークショップの開催情報が手に入る。
・気づいたら1時間は経っている(フロー状態?)。

挙げてみると、自分がどれだけ
ハマってるのかがよくわかって笑える…。

そして、この1と2のいいとこどりが
できてしまう素晴らしい方法…

それは
お店に行ってアプリも見る!

これが最強。
商品の実物を見ながら、
サイズ等々の細かいことまでまるわかり。

スムーズにこれをするためには、
アプリの検索機能を有効活用するに限る。

MUJI_passport

これが無印のアプリ「MUJI passport」。
(※最初は会員登録が必要です)

起動して、まず表示される画面の一番下に、
「検索」ボタンかあるのでそれをタップ。

検索バーの右端のバーコードのアイコンを
タップすると、カメラが起動します。

店頭で気になっている商品のタグに
印字されているバーコードを読み取ります。
赤いラインにバーコードを合わせると
読み取ってくれるのだけど、
厳密に合わせなくても大体の場合は大丈夫。

読み取りが完了すると、アプリが自動で
商品の詳細ページを表示してくれます。

(残念ながら商品入れ替わりのため、
今回読み取った商品は詳細ページが表示されず。)

これを使うと、店舗にいてもサイズなどの
細かい情報がすぐにわかってとっても便利。

iPhoneを取り出してタグを撮影している人がいたら、
多分それは私である可能性があります…、と
断言するくらいにはこの検索機能を使い倒しています。

これね、本当便利。

無印良品に行く機会があれば、
この機能を使ってみるといいと思います。
おすすめします。