「WhatTheFont」でフォントが簡単に調べられる時代になって、私は嬉しい。

わかってはいた。
わかってはいたけれども。

改めて考えてみると
やっぱり私はフォントのことが
大分気になっているんだと思う。

先月初めてお会いできた方から頂いたプレゼント。
爽やか系イカフライ「レモニカ」。
酸っぱいながらも絶妙なマッチ具合で美味しい。

そして、個人的には
商品名のフォントが気になる…。
気になる〜…

と思っていたら、
何気なくチェックしたGIGAZINEの記事
「WhatTheFont」
というアプリが紹介されているのを発見。

早速、使ってみました。

アプリのアイコン、おしゃれ。

気になるフォントを撮影するか、
もともと撮影してあった写真を
ライブラリから選択するかのどちらかを選べる。

私の場合は、すでに撮ってあった写真から選択。

実際に調べたいフォントの範囲を選択して、
「→」をタップすると、頑張って調べてくれます。

そして検索結果はこんな感じ。

合ってる!すごい。

これは、街角のポスターとか
本の表紙とか何かのパッケージとか、
とにかく何でも調べられてしまう……!

細かいところが気になる私には
ありがたすぎるアプリ。

このフォント好きだなーと思っても、
実際に何という名前のフォントなのか
わからないことって結構あって、
これがあれば、すぐに調べられる。

ふっふー♪

これからじゃんじゃん使います。