no-image

「見られている」と思うと、「緊張モード」に入ってうまく書けない。

こんにちは。toteaです。

ブログを始めて、まず2記事書きました。
書きたいなあと思うことは色々浮かんだのですが、
どうも書けないまま今日になりました。

周りの人がどんどん更新していって、あれ、自分書いてないじゃん?ってなる。
書きたいことはいっぱいあるんだよ!でも書いてない。
昨日楽天でアロマディフューザー買ったよ!紹介記事書いてみたい!でも書いてない。
(いや、これはまだ商品が届いていないので出来ないんですが。)

何故。他にやりたいことがあるからか。
いや違う。
昔やっていた頃(=高校生の頃)と書いてるときの感じが全然違うからだ。
ただひたすらどうでもいいことを書いていたあの頃。
なんだ、今感じてるこの重苦しい雰囲気は。
(↑自分の中で感じている)

 

どうでもいいことも書いていいのか?という言葉が降ってくる。

 

その後に続くのは、

学生じゃないのよ、今は。
あんなアホみたいなこと書く時代は終わった。
今は社会人。守秘義務あるでしょ。
もし誰かに見られても大丈夫なようにしなきゃ。
書くならちゃんとした記事書きなさいよ?

…とりあえず、うん。

社会人になってしまった今の私は、
「書かない方がいい」って思ってるんですよね。

んなもん、書けるわけないです。
無理無理。

 

だから、敢えて、宣言をしたい。くだらない記事書きます。

 

しょーもないこととか、
文章的に脳内の思考垂れ流しとか、
とりあえず、くだらないように思えることをこれから書きます。
高校生の頃にやっていた感覚をまず取り戻すところから始めたいと思います。

前の2記事は堅苦しすぎた。
あの感じで今後進めていくのはよろしくないと判断。

脳内垂れ流しこそ、私のスタイルです。
何かの紹介記事とかだと、前みたいな感じでもいいやもだけど、
思っていることを延々と書くのは、やっぱり自由気ままじゃないとできない。

ちょっと感覚を取り戻しました。
次の記事からは、くだらないことを書きます。

おし。
やるぞ。

blogのデザインも考え直そう。
テイストが全然違う。
清楚な感じだと褒めていただいたのに、ぶっ壊しそうです。
でもこれでいい。

 

ここから余談(?)。

それにしても、小見出しが小見出しになってない気しかしない。

CSSが何の略かは知っている。
カスケードスタイルシート。カスタードじゃない。

しかし、それだけである。
「align」を「エイリアン」と呼んでいたレベル。(エイリアンはalienだよね?)
結局、中身がチンプンカンプンのまま10年くらい経ってしまった。つらい。
これからちゃんと向き合うべきものなんだろうなというのはなんとなく感じてます。
食わず嫌い的な何かですね。

それなら、食べます。