Re:newing

「なりたい」と思っていると、「なりたい」が叶うだけ。「もうなっている」と思えば、「なっている」が叶う。

約 2 分
最近は、自分がデザインの勉強をし始めたということを
なりふり構わず周りの人に言えるようになってきたと思う。

でも「まだ始めてばっかりなんですけど」と言って、
自分のハードルを下げてもらおうとしている気もする。


「デザインの何かをやりたいんです」と言うと、
「やりたい」という状況・現状が世界に現れてきて、
つまりそれは、やれていない現実が現れてくるということで、
実際に「やっている」という場面が訪れてはくれない。

今読んでいる本「悪魔とのおしゃべり」で知ったこと。
「夢はいつか叶う」のではなく、「もう叶っている」ってさ。


それなら、私は、
「もうデザインの何かをやっている」
と思うことにしてしまうと決めた。


実際に、もうすでに世に出ているものだってある。
貴重な機会をいただいて、
ブログ記事のアイキャッチ画像を作ったり、
先日の立花Be・ブログ・ブランディング塾でいただいた
DVDのメニュー画面と途中のタイトル画像を作ったり…。


(しれっと書いてしまっているのだけど、
心の中は大分ざわざわしている……。

私のスキルじゃ、まだ未熟で、
世に出せるレベルじゃないとか、
もっと上手くなってからじゃないととか、
そんな思考はどうしても浮かんでくるけれど、

…そんな自分も自分で。
…そんな自分でもいいし、今はそれでもいい。)


…うん、でも、
もう「やっている」。

夢はもう今の時点ですでに叶っている。
それは確かなこと。


大切なことは、
それに気づけているかどうか。
そう、本に書いてあった。


だから、もう大丈夫なわけで。
これからも好きなようにやっていっていいことにする。

About The Author

totea
平成生まれ。事務職の傍、やっぱりデザインのことをやりたい!と思って、現在デジハリオンラインスクールでPhotoshopとIllustratorを地道に勉強中。小さい頃からフォントやロゴに興味があって、ZIPファイルの解凍の方法がわからないのにフリーフォントをたくさんダウンロードしたり、漢字ノートの余白に自分の好きな音楽のタイトルを好きなようにデザインして書いたりしていた人。シンプル・統一感が好きで、暇があれば無印良品へ行く結構な重度なムジラーです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)