自分の作ったものが世に出る、嬉しさと不安とザワザワを全身で感じた。[1D1D もにょもにょの正体を話せる22日目!]

いままで、何日間か書いていたセリフ、
「もにょもにょとデザインしていた」
の正体が、ついに、お披露目です。

私が今年2月より受講していた、
立花岳志さんと大塚あやこさんのお二人による
ツナゲル・ライフ インテグレーション講座。

その告知ページのアイキャッチ画像を
担当させていただきました……!

[ss url=”https://todaysseaway.ttcbn.net/archives/9762″ width=”300″ class=”alignleft” rel=”nofollow” ext=0 title=”「変えられない、わからない、どうせできない」から脱出して「こんな人生になるなんて!」という感動を!11期ツナゲル・ライフインテグレーション講座” ]

ここから、自分の参加動機を少し。

自分自身、組織の歯車として、
このままの人生で本当にいいのか?
この人生は、本当に心の底から
自分でやりたいと思ったものなの?

そんな疑問と同時に、

嫌だ!そんなのは嫌だ!
定年まで勤め上げる…?想像できない。
私はこれをするために生まれたわけじゃない。
このままで終わるのは嫌だ。

そんな心の声が聞こえてきて、
私は一大覚悟を決めて、参加することに。

そして、TLI講座受講中に、
「フォントが好きだ」
「デザインのことをやってみたい」
そんな気持ちがずっとくすぶっていることを
打ち明けて、思いを話しました。

当時、まだ、何もやってないんだけどね。
フォントがただ好きで、
街の中や、いろいろな商品のフォント、
チラシや文章のそれも気になっていて、
でも、だからと言って詳しいわけでもなく、
デザインのことも、本は少し読んだだけで、
フォトショもイラレも使ったことはない。

社会人3年目。
今からでも、デザインの道へ進んでみたい。
そんな風に思ってはいたけれど、
頭でワァンワァンと囁かれる、
「そんなんで生きてけるわけないだろ?」
「今の職業、本当に手放せるのか?」
「親に何て言われるかわかんないよ?」
「今から?もうすでに遅くね?」
そんな声に押しつぶされて、
実際には何もできてはいなかったわけで。

でも、受講中に打ち明けた、
私の「実は…」という気持ちに応えてもらう形で、
講師のあやさんが、私に、
画像の作成の話を持ちかけてくださいました。

「私なんかでいいのか………?!」
「他にプロのデザイナーさんいるのに?!」

何よりもまず浮かぶ言葉。

でも、私に依頼をしてくださった、
あやさんの、
その気持ちになんとか応えたいと思って、
自分なりに、今の実力で、
これだ!と思えるものを作りました。

“自分の作ったものが、世に出る”

嬉しい気持ちがある一方で、
「ほんとにこれでよかったのか?」と
まあ、とにかくザワザワしてたまらない。

画像を見ての第一印象はそんな感じでした。

勝手に繰り広げられる自問自答タ〜イム……

「ほんとにこれでよかったのか?」
「何かまだできたんじゃないのか」
「左側の余白多すぎたかな」
「もっと視覚に訴える感じの方がいいのかな」
「作成時と解像度が全然違う」
「解像度が下がることも今後視野にいれなきゃ」
「あー私はまだまだだ」

そんな声が頭を駆け巡る。ぐるぐる。
ぐるぐる脳みそ、とはまさにこのこと。

でも、それも含めて、
今は、これが私で、
これが私の実力………。

それを認めよう。
それを受け入れよう。

反省点があれば、
それをこれから活かせばいい。

今より、悪くなることは、ない。

そんな境地になったら、
ザワザワが収まった気がします。

そして何よりも、
こんな素敵な機会を与えてくださった
あやさんに本当に感謝の気持ちです。
改めて、ありがとうございます。

でもって、
こんな気持ちもやっぱりあるから、
ちゃんと記しておこう。

やった。
ついにお披露目できた!
隠してるの、しんどかった。

もにょもにょが晴れて、
クリアになって、
イエーーーーーーーイ!!!

これからも、
めげずににいろいろやっていきます。