Re:newing

ブログタイトルのロゴ(?)を作ってみました。制作時間数分。[WPは未だにわからない13日目]

約 2 分
作り方はよくわかっていません…(笑)
が、とりあえず、できたからいいのか。

プリインストールされているフォントで、
「あ、これいいな」と思ったものを使って
ブログのタイトル画像をPNGで作ってみました。



今回使ったのは、
「Didot(ディド)」というフォントの
イタリックの方です。

いつもちまちまと読んでいる
「フォントのふしぎ」という本で
がっつり紹介されてました。
雑誌「VOGUE」のタイトルフォントだそう。

小文字の「w」が特徴的。
イタリック体はレギュラーのものとは
わざわざ別に用意しているみたい。
そんなフォントもあるよって紹介されていた。

フォントは、
本当に奥が深いと思う。
なんでこんなに気になるのか、
私自身よくわからないレベル。

理由なき「気になる」。
理屈じゃない。
こういうのが、きっと、直感。


で。
昨日の文字入れしてみた記事をFBでシェアしたら、
作って欲しい的なコメントをたくさん頂き、
「えー!私なんかいいんですかー?!」
とすっごく嬉しいんだけど
不安とか恐怖みたいなもので
ブルブルしていたりするのでありました。


なんでそうなるのかというと…

「受け取る」ことを怖がってる。
自分が完璧じゃないと思うから。
このクオリティで出したら怒られるとか、
きっと私から離れていってしまうだとか、
なんだかそんな根拠のない理由を
ペタペタと自分に貼りまくって怯えてる……

本当のところはそんなところかな、と。


でも、自分の作ったものを使ってもらって
相手が喜んでくれるのならば、
それに勝る喜びはない………!と、思う。
きっと直感レベルで喜んじゃうと思う。


私はやっぱり何か生み出したいのかな。
世界観とかイメージをちゃんと伝える、
そんな風な事が出来たら楽しいだろうな。

About The Author

totea
平成生まれ。事務職の傍、やっぱりデザインのことをやりたい!と思って、現在デジハリオンラインスクールでPhotoshopとIllustratorを地道に勉強中。小さい頃からフォントやロゴに興味があって、ZIPファイルの解凍の方法がわからないのにフリーフォントをたくさんダウンロードしたり、漢字ノートの余白に自分の好きな音楽のタイトルを好きなようにデザインして書いたりしていた人。シンプル・統一感が好きで、暇があれば無印良品へ行く結構な重度なムジラーです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)