ついに一歩を踏み出した、そんな気持ち。

昨日の記事で、
自分の今思っている不安を書き出したら、
不思議なことに、書いているうちに
一歩を踏み出しちゃえ的な結論になった。

「ああ、自分はやっぱり解っていた」
らしいことにそこでようやく気づく。

ということで。
ようやく、手続きをして、
インストール完了までこじつけました。

Adobe製品なんて、
私には不相応で、
まだまだそんなこと、
私なんかがデザインのこと……

なんて、思っていたけれど。

魔法の言葉、
「……それは本当ですか?」と
「思考が現実を創り出す」を
自分に問いかけて、
「でもだってやっぱり」モードから
脱出できているような気がしている。

さらにダメ押し的な感じではあるけれど、
先週、初めて知り合った方に言われた、
この言葉も魔法の言葉かなと。

「なんでそんなに”ダメ”に自信があるの?」

……確かに。
……根拠は、ない。

最初から諦めてるのは、私。
できっこないと思ってるのは、私。

根拠がないなら、

ああ、Adobe製品ね、
私にちょうど合ってるし、
今このタイミングでこれがやりたくて、
これからバシバシやってきますよー、

と肯定的に捉えたって、
「私は」同じじゃない、と。

自分の可能性を信じたい私がいます。