Re:newing

人生はインターバル走。私は走っても歩いてもいい。

約 3 分
いつもお世話になっているランニングスクールで、
9/16(土)のイベントに参加してみませんか?
って、突然お誘いをいただき。

6〜7人1チームとして、フルマラソンを走ることに。
(…少なくとも6kmくらい?)


去年の8月は1ヶ月、
とにかくハードルを下げまくって、
ウェアを着て外に出るだけでOKにして、
とにかくランニングのための行動を
何かしら1ヶ月連続して続けた。

私が少しずつ、
自分を取り戻していく、
そんな、最初のきっかけ。

…もうすぐ1年。



最近は正直全然走れていないのだけど、
9/16に向けて、
また、やろう、頑張ろう。
と、そんな風に思って。
ランニングを再開することにした。


そのスクールで、
練習としてオススメされたのは、
インターバル走。
1分走って、1分歩く、みたいな感じ。

同じ時間でも、
密度を上げて、濃い時間にすればいい。
1分走って、30秒歩くでもいい。

逆に、軽くしたければ、
1分走って、2分歩くでもいい。

それでしっかり走れたことになるって。
いつも通り親切に教えていただいて。


教わってる時は、
ふむふむ。
中学の頃の部活(私は陸上部だった)でも
ペース走やってたな。
ビープ音のする機械、懐かしいな。
とか思ってた。

これは、先週日曜日のお話。



で、昨日。帰宅中。
何気に歩いていたとき。
私の脳みそはぐるぐるしていた。
多分。


「人生はインターバル走なんだな。」


いきなりお告げがきた。



緩急があっていい。
ずっと速く走ることも、
ずっとゆっくり走ることもしなくていい。

疲れたら、ゆっくりすればいいし、
やりたくなったら、ぶわーっとやっていい。

そのタイミングは、
人それぞれ。

どんなインターバルになるのかも、
人それぞれ。

もっと言ったら、
途中でプロテインバーを食べたり、
スマートインターチェンジみたいに、
じゃーねー!って言って本線から出ていって、
また戻ってきてもいい。

何にしても、
全力で走り続ける必要はないなと思った。


人生はインターバル走。



生き急ぐ必要もない。
次々通り過ぎる車を見て、思う。


ゆっくりもあれば、
アクセルのベタ踏みモードもある。
間隔があっていい。
それは1日という人生の単位でも、
一生という人生の単位でも、
どれでもそんな風であっていい。



そして、
紛れもなくそれをしているのは、
この自分。

それに気づくことができれば、
なんだか、もう、大丈夫な気がする。
そんな気がする。

今日は歩いたから、
明日は走ってみよう、と思う。


About The Author

totea
平成生まれ。事務職の傍、やっぱりデザインのことをやりたい!と思って、現在デジハリオンラインスクールでPhotoshopとIllustratorを地道に勉強中。小さい頃からフォントやロゴに興味があって、ZIPファイルの解凍の方法がわからないのにフリーフォントをたくさんダウンロードしたり、漢字ノートの余白に自分の好きな音楽のタイトルを好きなようにデザインして書いたりしていた人。シンプル・統一感が好きで、暇があれば無印良品へ行く結構な重度なムジラーです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)