マインドフルネス。トイレと、丁寧さ。

マインドフルネス。
今を生きる。

言葉は、解る。
意味も、解る。
でも、それは、頭の中の話であって。

感覚、体感として理解しているのかと言うと
正直なところ、自信がない。

でも、ひとつ気づいたことがある。

自分に妥協したり、
手を抜いたりしないで
「すべてを丁寧にやること」

これが、マインドフルネスや今を生きることを
意味するのかもしれないと思った。

なぜ、これに気づいたかと言うと。
トイレの便座のフタを最近ちゃんと閉めて出るようになって
いかに自分が雑に行動していたのがを自覚できるようになったから。

ちゃんと忘れずに、
フタを閉めると気分がいい。
自分というものを信じられる感覚になる。

次に入ったときも、また、ちゃんと閉じようと
そんな気持ちにさせてくれる感覚がある。

ひとつひとつの所作を、
丁寧にする。

いつも、時間に流されて、
パパッと終わらせてしまっている、
でも本当はちゃんとしたいもの。

それを少しずつでもひとつずつでも
良くしていきたい。