実は、どの野菜がどの時期に旬なのかあんまりよくわかっていないけれども。
職場の方が趣味で作ったという新玉ねぎをいただきました。
(確かにいつかの有休は「玉ねぎを植えるから」と言っていたような……。)

せっかくなので、まるごとスープにしました。ので、その記録。

ウチには、無水鍋が、ある。

昨年、D&DEPARTMENTさんのカフェテーブルを購入手続きをしたときに、メルマガの配信もONになっていて、
そのメルマガが来るたびに何気なく読んでいて、「お?」と気になった鍋が、無水鍋。

どーん。


(これは購入したばっかりの頃。ぴかぴか!うつくしい。)

買ってからまだ日が浅いものの、
ゆで卵を作ったら、殻のカルシウムと反応して大分黒ずんでしまった。
地味につらい。なんかなりそうな気がしてたけどつらい。
綺麗にするためのクレンザーは、まだない。
ゴールデンウィーク中になんとかしたい気持ち。

で、この無水鍋の公式サイトに色々なレシピが載っているので、ちまちまと活用してます。

新玉ねぎのまるごとスープ煮」に挑戦。

ここからは私のただの奮闘記なので、レシピを見られる方は上のリンクからどうぞ。

まず。玉ねぎを入れて、水から茹でるらしい。
ほうほう。入れればいいのね。
入れた。


え。おいおい。

出てるよ。頭出てるよ。いいんかい。
うん、既に心配。とりあえず点火。

…あれ、レシピにある「コンソメ」が既にない。
困った。あれー、あった気がしたけど、蒸発したか?(してません)
調味料を漁ってみる。


じゃーーん。

「こんぶだし顆粒」を見つけたので、「コンソメ こんぶだし 代用」ググってみる。
うん、あんまりしっかり読んでないけど、多分大丈夫でしょ、代用決定。
(※私は相当ズボラなのでご注意ください。)

茹ってきたけど、頭が心配なのが消えないので、
すみません、こうさせてもらいます。


 30分くらい経ったので、トマトを投入する段階に突入。
今回使うのはこれ。


 缶詰じゃない。すばらしい。
捨てるのが楽というのはこんなにもすばらしい。


手で開けられる。
ハサミがいらないというのもとてもすばらしい。


ドボドボドボ……(ぐへへへへ


なんか、うん。怪しい雰囲気。
ここ2年近くアプリでワンピース読んでるけど、
インペルダウンかパンクハザードあたりにありそうな景色。

あとはローリエなのかローレルなのか、はたまた月桂樹なのか、
全部正しいと思うけれど、S&Bのローレルを投入。


昔、父親が乗っていた車も名前が「ローレル」だったのを思い出す。

そして煮るという名の放置。
しかもアクとりが未だによくわかっていない。


で、写真はないけど、何を思い立ったか、生姜焼き用の豚肉を投入。
お肉のエキスがあったほうがいいだろ的なノリです。
本当に適当です。
謝らないといけないレベルでごめんなさい。

で、で!できました。


そして、いかに実物よりもオシャンティに見えるかを目指して写真を撮る。
構図やら何やら、多分10分くらいかかってる。
変なこだわり。でもやめられない。
フィルターもかけて、さらにすべての項目を編集。
うん、これだ。
と思えたら、インスタグラムにアップする。

それが終わってから、ようやく、いただきます。
長い。
案外冷めてた。

レシピ通りに作るのは、案外むずかしい。

むずかしいというより、私の場合はだいたいレシピ通りに作っていない。
一回ちゃんと材料用意して、ちゃんとやってみたいなとは思ってます。
現時点ではまだ実現化はしておりません。

残念無念また来週。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください