こんにちは。toteaです。

昨年10月は1日にブログを7記事書こうというイベントが立花岳志さん主催でもちあがり、年末には1ヶ月で100記事を書こうというとんでもない(?)イベントも開催されました。

今月に入り、再び100blogsをやろう!ということになったのを知り、昨年採用していただいた画像のままでいるのもどうか…と思い、さきほど新しく作り直してみました。

また「使いたい!」と思ってくださる方は、ダウンロードしていただいてお使いいただければ私はとても嬉しいですし、励みになります。使用報告は不要です。

ちなみに今まで制作したものは、こんな感じです。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)
pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)
pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

このクオリティでリリースしていいのか「比較して」悩んでしまう

世の中には、私よりもずっとずっと技術もセンスも高いデザイナーさんがたくさんいます。
そんな方々と、どうしても「比べて」しまうのです。

「私なんかのひよっこすぎるデザイナーがこんなにバーン!と出してしまっていいのか」

そう考えると、作ったものに自信が持てなくなります。

Twitterを見ていると、それが顕著です。実力も実績も雲の上の存在の方がいて、そんな方々の作品や考えがびっくりするほど手元にタイムラインとして流れてきます。

比べるのは他人ではなく「過去の自分」にしよう

でも、自分としてはちゃんとやっているつもりで、今やれることを精一杯やっているし、正直それより上のクオリティはまだできない。
すごい人と比べしまうと凹んでしまうけれど、本当に比べるべき対象は「過去の自分」。

去年の私、1年前の私は、今日の作品を見て、かけた時間を見てどう思うんだろう?
「すごい、私にはまだできない」と思うんだろうか?

去年は、まだソフトウェアの操作がおぼつかないころでした。
やり方は見るだけならなんとなくわかるけれど、それをスムーズに操作しようとしても、慣れていなくてできない。
ブログ筋ならぬ「Adobe筋」がなく、頭がオーバーヒートしてものすごい時間をかけて作っていたことを思い出します。

そう思うと、操作自体は(まだわからないことはあるにしても)基本的なところで「わからない!」と苦しんだりモヤモヤしたりすることはなくなってきたので、それだけでも大きな進歩なのだと思います。

今月のブログの目標は10記事、だけど…

思うことや、書きたいこと、実はたくさんあります。でも、なんだか進まないんですよね。
自分がブログに向き合えるのって、かなり自分のステート(健全度)が高くないと難しいなと今は感じています。

どちらかというと、私はデザインをもっと鍛えていきたいので、もうちょっとたくさんの100blogsのアイキャッチを作ってみようかなと思っています。

色々なバリエーションがあったら、参加されている方々が「好きなものを選ぶ」という行動がとれるようになる。
どんなものが好まれるのか、私も知ることができる。そう思うと、win-winなのではないかと思っています。

「このクオリティでもいいからリリースする」を目指したい

どんなに良いものを作っても、批判する人は批判するし、どんなに下手なものを作っても、好きだと言ってくれる人はいる。
「2:6:2の法則」を思い出して、今の自分にできるだけのことをして、リリースする覚悟を持てるようになっていきたいと思います。

実は、昨日までは「今月はもうちょっとデザインおやすみした方がいいかもしれない」なんて思っていたのですが(苦笑)、人間ってほんと気持ちが変わる生き物なんだなと思います。

やれるときはやって、やりたくないときはやらない。

無理することで結局悪循環を引き起こすという実感が最近ひしひしとあって、辛いな〜しんどいな〜と思うときはそれが自分の素直なメッセージ。
それを出来るだけ拾って、自分を大切にすることが一番いいんだなと思うようになってきました。

結局、理想と現実の間で苦しんでいるだけなので、理想じゃなくて現実をちゃんと見て、それでもいいんだよって思えるようになりたいなあ。

そんなことを思う、秋晴れの午前中です。

2 のコメント

  1. ピンバック: 「#100blogs」始めるための取り組もうとしてること。アウトプットを意識して書いてみよう!【ブログ】 – Party?Party!@neppie.com

  2. ピンバック: ブログ100記事むけての目的確認 | 事上練磨 じじょうれんま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください