生きているのが精一杯な感覚がある。でもそれでも素晴らしいのだろう。

昨日、今日と全然起きられなかった。
身体が休息か何かを求めている感じがする。

職場が変わって3週間。満員電車で通勤する。幸い毎日座れている。本当にラッキーだと思う。引き寄せに感謝。

職場に行けば、自分の中で何かモードが変わるのか何なのか、疲れを感じさせないように感性側の感覚を閉ざしてしまうのか、「案外平気じゃん」だなんて思ってしまう。

それが家に帰ってくると、途端にヘナヘナする。昨日も洗濯と、お皿洗いをするのが精一杯だった。(でも、何故かプリンは作った。)

秩父WSから約10日経過した。

自分の身体に起こっている変化が秩父WSのものなのか何なのかは全くわからないけれど、「仕事に行きたくない」という理由ではないなという感覚もあって、とにかく今までとはまた違った疲労感が全身を包んでいる感覚がある。

理由を求めなくてもいいし、求めてもいいし、何でもいい気がするけれど……ただ、なんとなく「やらなければならないことをやっていない自分はダメだ」という自己否定が入っている気がしてならない。

その辺は、もうちょっとぼーっとして、観察したいなと思う。