なかなかデザインが思うようにいきません。
悩ましいなと思うことがたくさんあります。
というかほぼ全てと言ってもいいかもしれない。

地道にデザイン朝活。

朝、7時前から職場へ行く支度を始める8時10分。
この時間帯は私の中では絶対不可侵領域。

デザインのことを何かしらやる時間であって、
その時間に何らかのことは確かにしているけれど、
…どうにも前に進んでいる気がしない。
そんな感覚。

そんな時は、どうしても
「これでいいのか?」「このままで大丈夫か?」
そんな声がわんさか聞こえてくる。

亀のような歩みであっても、一歩は一歩だし、前進は前進。

昨日に比べたら確かにデザインのことについて
何かしら少しはやった自分がいると思うようにしてる。

今日は、前に進もうと思って買った本が届きました。

「DTP&印刷スーパーしくみ事典 2018」

これは、今デザインのことを教えてくださっている
デザイン講師の方からおすすめしていただいたもの。

デザインのブロセスと印刷についての
細かな知識がたくさん詰まっているようです。
パラパラ見てみただけでもかなりの情報量でした。

これを買ったことも、前進。
読んで知識をつけることも、前進。

亀のようなゆっくり具合でも、
止まってはいない。進んではいる。
立ち止まってもいいけれど、
進んでいればいつかたどり着けるところがある。

そう思うようにすることを決めました。

デザインはあくまでもプロセスの一部分。

講師の方からお話を聞いていて最近思うこと。
いままで私はデザインのことを考えるとき、
とにかく「デザインするとき」ばかりに
フォーカスしていたんだなあ、と。

そのデザインされたものは「実際どう使われるのか」?
使われたことによって「どのような効果があるのか」?

そんな視点がすっぽりと抜けていたなと。

どんな紙に印刷するのか。
どういう方式で印刷するのか。
紙は折られて使われるのか。
どんなところに置かれるのか。
どんな風に使われるのか。
どんな風に効果が出るのか。

実際に自分がデザインしたものが、
どう使われるのか、どう見られるのか、
いかにリアルに予測・想像することができるか……

それがとても大切だと思うようになりました。

本を枕元に置いて寝ます。起きたらすぐ読む。

私にとって習慣化のしやすさを考慮しての結論。

夢に出てこいとお祈りする…わけではないけれど、
これが朝一番でできるとリズムに乗れる気がしている。

でも、でも。
焦らずに。

自分のペースを保ちながら、やっていこうと思います。
1年後には今日のこの投稿を懐かしいなあと、
そんな風に思えるような自分を目指して。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください