どんな1日も確かにそこにある1日。

久々に仕事でやられました。
ステートをごっそりもっていかれる感覚。

晩ごはんを食べながら
自分で自分を自立させているのが辛くなって、
ベッドの縁に寄りかかりながら食べました。
お行儀がよくないのは承知の上で。

そんな、今日みたいな日も、
お休みで彼と出かけて楽しすぎた日も、
1日は1日。
平等に流れる時間がそこにある。

帰宅してから、
彼が晩ごはんを用意してくれている間に
またフォトショとイラレを使いながら
あーでもないこーでもないとやれただけ、
私は頑張っているなとも思います。

どんな日も出来る限りのことをしよう。
それが、きっと明日に繋がって、
未来から何か素敵なものが流れてくる。

そんな風に思いながら、
寝たい寝たいという身体をがんばって
起こしながらブログ書いてます。

おし、ばたんきゅーすっぞ。