今の仕事を辞めるべきタイミングは来る。なら、その準備をコツコツと進めようと思う。

最終講を受講した、6期立花B塾in名古屋。

最終講までの課題図書である、
はあちゅうさんの”「自分」を仕事にする生き方 “を読んだ。

自分を仕事にしたい人がやるべきことは、いきなり仕事を辞めることでも、資格をとることでもありません。「好きなことをやる時間を増やす」「好きなことのためのお金を経費にする」この2つの方法をとにかく考えて思いつくことを片っ端から試してみてください。

私は、ようやく、
この段階にたどり着いているんだな、と思った。

デザインのこと、フォントのこと。
Adobe製品を使ってみよう。
そう思って行動が取れたのは3ヶ月前。

やっていると凄いことが起きた。

私はまだまだこれから勉強していく身なのに、
デザインのことで依頼をいただいている。

「プロじゃないのに、いいの?」
「どうして勉強を始めたばかりの私に?」
と思ってしまう。

でも、それは私しか見ていない考え。

依頼するという行動をとった、
相手のことをちゃんと考えたいと思う。

どんなことを頼むかというより、
誰に頼むか、が重要視されているんだなと。

そんなことに気付いて感謝しながら、
依頼も含めて日々勉強をしているところ。

一人の能力も持ち時間も限られていますから、いきなり、人生を変えるのは大変です。少しずつでいいから、今やっていることを継続しながら、進路を軌道修正するのが大切です。

これから先、今いただいているような
依頼がもっと増えていったり、
仕事より勉強をしたくてたまらなくなって、
今の仕事と両立できなくなる気がしている。

というか、すでに
そういう気持ちが芽生えている。
そんな自分に気づいてしまっている。

この気持ちをもっと大きくしたい。
そんな風にも思っている自分がいる。

辞めるタイミング。
それは、私の場合、
ふと降りて来るような気がする。

「あ、もう、辞めよう」
心から思ったときはスッと行動できると思う。

それまで、
私は今できることを。

好きなことをやる時間を、
もっと増やしていこう。