Re:newing

自分の野望。たくさんの人のデザイン力の底上げをしたい、と勝手ながら思っている。

約 3 分
自分の野望。たくさんの人のデザイン力の底上げをしたい、と勝手ながら思っている。
今日は、立花B塾の第3講を受講。




講義の中で行われたワークとして、

自分の好きなことを書き出して、
ブログで発信し続けるとどんな変化があり、
その好きなことが「得意」、
その先には強みとなったとき、
自分はどんな人で、
どう活動しているのか?


を書きだす時間があった。


私はその時間には、
実際に紙に書くのが憚られて書けなかったので…
あえてブログという形で発信してみる。

あーマイクテストテスト、な気持ちで。

以前からなんとなーく思っていることがある。

今は私もその一人ではあるけれど、

デザインすることを仕事としない、
たくさんの人のデザイン力を、
少しでもいいから底上げしたい。

そんな、野望みたいな気持ちがある。
底上げするために自分がなんらかの形で
役に立ちたい、そんな感覚がある。

今ある環境のままでやれることはない?

本格的なデザインをやりたいというのであれば、
PhotoshopやSketch、というようなツールを使って
デザインをすることはできるようになる。

でも、デザインに関心がなければ、
普通そこまでやろうとはしないと思うし、
それにお金をかけようという発想にならないと思う。

今ある環境、例えば、MicrosoftのOffice。
どこの組織でも今ならほぼインストールされているはず。
その中で言えば、PowerPointを使って、
「センスがあるね」と言われるようなものが作れれば、
きっと作っていて楽しいんじゃないかと思っている。

…ダサいなあ、
…素人っぽさが抜けないなあ、と思いながら
資料を作るのではなくって、
「あ、この資料ちょっといいかも、ムフフ。」
と思ってしまうようなスキルが身につけばいいなあと。


というのも、
自分がPowerPointを使って資料を作ると
「なんでそんな風に作れるんですか?」と
聞かれることが意外とたくさんあったから。

同じ環境なら、
別に私じゃなくっても同じように作れると思うと、
どういうやり方がいいのかということを
知っているか知らないかという差なんじゃないのかなと。

学ばずしてそれに気づけるかどうかは、
きっとまた違う話になってしまうのだと思うけれど、
知っていさえすればやれることって意外と多い気がして、
それを知らせる役目を自分が果たせればいいなと思った。


長々と話してしまったのだけれど、
そんな、今の自分からすると大分まだ遠い、
野望のような思いが実はずっと心の奥にあって、
今日の自分もまだその気持ちを持ち続けているんだなあと
いうことに改めて気付かされてしまった。

おしまい。


今日のアイキャッチ画像も、自作。
チュートリアルを参考にして作ってみました。




About The Author

totea
平成生まれ。事務職の傍、やっぱりデザインのことをやりたい!と思って、現在デジハリオンラインスクールでPhotoshopとIllustratorを地道に勉強中。小さい頃からフォントやロゴに興味があって、ZIPファイルの解凍の方法がわからないのにフリーフォントをたくさんダウンロードしたり、漢字ノートの余白に自分の好きな音楽のタイトルを好きなようにデザインして書いたりしていた人。シンプル・統一感が好きで、暇があれば無印良品へ行く結構な重度なムジラーです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)