今年こそ脱・汚部屋。意外だと思われるけれど、私の部屋は実はゴチャゴチャしている。

いい加減、なんとかしたい、なんとかしよう。

そう思って、何年が経つんだろう?
そう思わずにはいられない。

私の部屋はごちゃごちゃしています。
ずっと。
大分減らしているけれど、まだモノも多い。

私のカフェテーブルの上が今回のアイキャッチです。
モノの置き場所が決まっていなくって、
とりあえず、と適当に置いてしまってそれが山となる……

私の部屋は綺麗だと、みんなを騙していた学生時代。

小学校、中学校……学生時代、
学校にある自分のスペースだけは
整理整頓は大分徹底されていました。

部屋は汚いのに、なぜ、学校だけは綺麗なのか。

それは、他人軸だったから。
今の自分が思う理由として、一番しっくりきます。

学校はどうしても、自分のやっていることが評価される。
整理整頓できていない状態を作ってしまうと、
それは内申点的に評価が下がるというのがわかっていたので
他人からの評価に怯えていた私は綺麗にせざるを得なかった。
そんな簡単な理由だと思います。

それを完璧にやってしまっていた私なので
学校関係者、特に、先生には
「実は家は汚いんです」と言っても信じてもらえなかった。
うまく騙せてしまっていたのかな、とも思う。

でも、本当は、大分ぐちゃぐちゃ。

高校生のときは、自分が座っている椅子の周りに
放射線状に教科書やら参考書が置かれている状態…。

でも、個人的にはちゃんと法則性を持って置いているので
知らない間に親に片付けられているとそれが崩れて困ったり。
いわゆるマイルールがかなり存在していた気がする。

大学進学をきっかけに、実家を離れて今年で10年。

断捨離をしたり、不必要なものは買わないようにしたり、
自分なりには結構よくなってはいると思うけれど、
それでも、理想というところにはまだ大分遠いのが現状。

グチャグチャな状況は10年経ったところで変わっていない。

しかも、昨年の夏から、二人暮らしが始まったので
片付けようにもなかなか進まないまま、今に至る………。

まず気をつけること。出したら、しまう!

服が特にそう。
洗濯をして、干した洗濯物を畳むまではいいけれど、
その後、クローゼットにしまうという行為がひたすら苦痛。

出しっ放し上等、くらいに思っている私。

だから、まずは出したものをしまうところから。
戻せば案外綺麗になってしまうのだけど、
それをサボるからどんどん汚くなってしまうわけで。

今月は、まず「出したらしまう」。
これを意識して行動したいと思います。

1月6〜8日は三連休になるし、
片付け第一弾はまずこの3日間を有効に使う予定です。

片付けの話は、ぜひともシリーズ化できたらいいな〜(願望)