1年後の私でもすぐに思い出せるような日々を過ごそう。

今日はクリスマスイブ。
(私にとってはケーキを食べる日……。)

私は過去へ思考を巡らす傾向があるのか、
過去の自分はどうだったか?とよく考える。

今日も何気なしに
「去年のクリスマスイブは何をしてたっけ?」
と考えている自分がいて、

ふっと、
「去年は土曜日だけど仕事をしていた」んだと
当時の、暖房が効かない職場の冷たさを思い出した。

……確かに、仕事をしていた。

なぜ、休日出勤していたかと言うと、
26〜27日に休んで行きたいところがあったから。
24〜25日の週末で仕事を済ませれば、
振替でお休みを貰うことにできたから。

仕事をしなければならない状況というよりも、
土日に仕事をすることで、
自分のやりたいことに向かっていたという感じ。
25日なんか、
帰宅したらあと30分で26日になってしまう…
そんな遅くまで働いていたことを思い出した。

改めて振り返ってみると、昨年の年末頃から、
自分が自分でやりたいと思ったことを
自分自身に許可を出して行動できた気がする。

だから、ちゃんと”思い出せる”。

逆に、私は去年の7月頃までの記憶は、
残念ながら、ほぼ思い出せないでいる。

それは、自分の時間を、自分の人生を、
他人に明け渡してしまっていたから。
他人軸で、ただただ、日々を”こなしていた”から。

そう思うと、
自分の意思でもって行動できる毎日を過ごせたら
それはきっと1年後の私も覚えていて、
またひとつ、自分が変われたんだなあと自覚できる
嘘偽りのない証拠になっていくんだなあと思った。

おかげで、今年2017年の日々は、
来年2018年になってもすぐに思い出せるくらい、
それよりももっと後の自分でも思い出せるくらい、
自分のやりたいことができた日が多かった。

2018年は、そんな日々がもっと増える。
1年後、すぐに思い出せるような日々を過ごそう。